三重県で不動産購入を検討しているという方におすすめな住宅ローン・補助金などのお金に関する情報を紹介します。森大建地産では、モデルハウス、工務店、新築、リフォームなど様々な家づくりを手掛けています。節約しながら、いい家づくりを目指しましょう。

MENU

住宅ローンを選ぶ際のポイント「金利」

住宅ローンは「信用銀行」・「地方銀行」・「メガバンク」など数多くの金融機関での取り扱いがあります。

1つの銀行の住宅ローンにしても、変動金利のものから長期固定金利まで種類があり、利用者はこのローン選びでも頭を悩ませることが多いです。
住宅ローンの利用者の多くはまず、「どの銀行から借り入れをしたらいいのか」ということを考えるようですが、借りる銀行から設定してしまうと、自分の返済プランに合ったローンに出会えないことも多いのです。

ですから、住宅ローンを決定する際はまず、自分の返済プランを決める事が重要となります。

はじめに返済プランを決定しておくことで、住宅ローンをシンプルに選ぶ事が出来ます

a561aedd-df6a-49c1-8d11-88058dc7e99f

「金利」を比較するうえで重要なポイント

では金利タイプを決めておくと住宅ローンが選びやすくなるのはなぜでしょうか。

例えば、あなたが決定した金利タイプが10年固定金利だった場合、いろいろな金融機関の10年固定金利の商品だけをピックアップし、その中から一番金利が低いものを選ぶだけで良いのです。

しかし、この選び方には注意点があります。
全期間金利固定の商品であれば、現在の金利が全期間に回るのですが、変動金利型や固定金利選択型の場合には2つのチェックが必要となります。

①現在の金利
②10年金利固定の商品であれば11年以降の金利は店頭金利(基準金利)からどのくらい引き下げが可能なのかを確認しましょう。

金融機関の商品の中でも、金利を当初は大幅に引き下げていても、その後の引き下げ幅が少ないものも存在します。
一般的に、返済期間が短い商品であるほど当初の金利が少ない方が負担は少なくなります。

しかし、経済動向により金利差が生じてしまうこと、また返済期間の長さなどによっては最終的な結果は異なりますので、よりお得に住宅ローンを申し込みたいという方は、あらかじめ金融機関で試算してもらうことをオススメします。

また、変動金利タイプの商品にしても、当初5年間の引き下げが大きくなっているものもありますので、その場合も以降の金利の下げ幅について確認が必要となります。

 

お家の見直ししま専科 | 工務店向け集客ノウハウ | クレジットカードの即日発行じゃけん | 住宅リフォーム総合情報 | 内職 アルバイト | 家計見直しクラブ | サプリメント | SEOアクセスアップ相互リンク集 | ショッピングカート | オーディオ | 初値予想 | 心の童話 | JALカード | 健康マニアによる無病ライフ | GetMoney

Blog

変動金利が上がった場合、多くの人はどう対処している?

住宅ローンで変動金利タイプを選んでいる方も多いかと思います。 変動金利は固定金利に比べて低金利であることが多く …

住宅ローンにかかる諸費用~保証料と事務手数料~

住宅ローンを借り入れる際は諸費用として、 ・事務手数料 ・保証料 が必要になります。 借入を行う金融機関によっ …

楽天銀行で住宅ローンを借りるなら?

大手都市銀行(メガバンク)での融資を受けることはイメージに容易いですが、近年はネット銀行でも融資を受けられるこ …

住宅ローン・疾病保障について把握しておこう

住宅ローン商品の中には「疾病保障」が備わっているものがあります。 そもそもなぜ住宅ローンに疾病保障が備わってい …

非正規雇用でも住宅ローンを乗り入れは可能?

人生において一番大きな買い物と言われているのが住宅の購入です。 一生賃貸に住み続けることが悪いとは言いませんが …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.