住宅ローンで変動金利タイプを選んでいる方も多いかと思います。
変動金利は固定金利に比べて低金利であることが多く総返済額も大きな違いとなって表れるため、変動金利にされた方も多いでしょう。
ただし、変動金利には金利が上昇してしまうリスクがあります。
現在住宅ローンで変動金利タイプを借り入れている人は、もしも金利上昇が起きてしまったらどういった対処方法を考えているのでしょうか?

■一番多いのは一部繰り上げ返済

どう対処するかというアンケートで一番多く見られたのは利息負担を軽減させるために一部繰り上げ返済を行うという意見です。
繰り上げ返済によって早めに元本を返済していくことで利息負担が軽減されるのです。
つまり、金利が上昇したとしても最低限のリスクに抑えることができます。
住宅ローンでは繰り上げ返済について手数料は無料になっているケースが多く、しかも何回でも利用できるため、まとまった臨時収入などが入ってきたら一気に繰り上げ返済してしまう人もいれば、コツコツと少しずつ多めに返済する人もいらっしゃいます。


■借り換えは効果がある?

中には借り換えを検討している方もいます。
他の低金利住宅ローンに借り換えることで金利上昇を抑えるという方法です。
一見効果がありそうですが、一つの住宅ローンで金利上昇となったということは、他の住宅ローンでも上昇しているということなので、結局借り換えを行おうとシミュレーションしたとしても、あまり大きな変化にはつながりません。
それなら上記で説明した早めに返済できるようにコツコツと繰り上げ返済を続けた方が効果があります。

■対処は予め検討しておく

変動金利を選ぶ以上、金利上昇リスクは付いてきます。
しかし、何も考えていない、どう対処していいのか分からないという方も意外と多いのです。
もし突然金利が上昇した時にすぐ対処できる方と対処方法が分からない方では、総返済額にも差が生まれてしまうでしょう。
なるべく変動金利を選ぶ段階で、どう対処すべきかも検討しておくべきです。